Category: プライベートブログ


これダイエット?

4月 3rd, 2013 — 7:35am

ダンベル

ちょっと意味が違う

過去に17キロのダイエットをして10キロのリバウンドをした経験があります(・∀・)もちろん再びダイエットに成功したいと頑張っているわけなのですが、この「ダイエット」という言葉の使い方がちょっとズレているようですね。

「diet(ダイエット)」とは減量や治療のための制限食のことをいうことが多く、「体重を落とす」とか「スタイルがよくなる」という場合には別の言い方の「lose weight」「slim down」などという表現をします。なぜか「ダイエット」という言葉だけが日本で広義的な意味で使われています。

そんなリバウンド王の私ですが、ダイエットのためにウォーキングをしています。仕事場から自宅まで営業日は歩いて帰っていますが、これが実に1時間40分・・・(ill´Д`)ただ、もともと歩いてブラブラするのが好きなのでけっこう長時間ですが楽しめています。

もちろん遅い

自動車や自転車に比べたら当然進む速度は遅いです。でも進む速度が遅いところがよくて、道端の草木や遠くの景色をゆっくりと眺めながら楽しめるところがいいですね。

自動車では3秒くらいで通り過ぎてしまうような距離を充分な時間をかけて歩いていくと、季節の花が咲いていたり、少しずつ建築中のお家が出来上がっていたり、庭で飼われているワンちゃんがスヤスヤと寝ていたり^^

もちろん効果的

ゼーゼーと過呼吸になるような運動ではありませんが、もちろんダイエット(lose weight)には効果的です。

確かに時間あたりの消費カロリーは他の強度の高い運動に比べて少ないので効率が悪いように思われることがありますが、ウォーキングというある意味強すぎず弱すぎない運動が体の各器官を活性化することができるため、ダイエットを成功に導く体質になります。

しかもウォーキングのような有酸素運動では食欲を抑えるホルモンを増加させることができるため、ウォーキングによる消費カロリーは多くなくても、摂取カロリーを抑える効果があるのです。

昔は夜中のポテトチップスが至福の時でしたが(^_^;)今ではウォーキングの効果なのか夜はかなり控えることができるようになりました。

そしてもうひとつメリット、それはウォーキングのようなリズム運動がセロトニンを増加することができるということです。

セロトニンとはの脳内で作られるホルモンで、現代人の乱れやすい心のバランスを正しい状態に整える効果があります。

  • すぐ感情的になる
  • いつもイライラする
  • なかなかやる気がでない

こんな状況が頻繁に続くようであればセロトニン不足かもしれません。よく言われる「気分転換に散歩する」というのは理にかなっているのです。

もちろん英会話

景色を眺めるのもいいのですが、やっぱり1時間40分という時間を英会話のために有効に活用するためには、ウォーキングしながリスニングですね。

今ではわりと安く携帯音楽プレイヤーが購入できますので、自分のレベルにあった英会話の音声を持ち歩いて聞いてみると忙しいあなたの時間をフル活用することができます。

ぶつぶつとリスニングした文章や単語を繰り返すように発音練習していると、ちょっとすれ違う人に「ん?」と変な風に思われるかもしれませんが、まぁソコはいいでしょう┐(´∀`)┌人様の迷惑にならない程度なら大丈夫ですよね。

つまりウォーキングすることで、

  • 健康的な体になる
  • 精神が安定する
  • 英会話が身に付く

言葉にするとなんかウォーキングってすごいΣ (゚Д゚;)

スポンサーリンク

RSS

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
←クリックしてRSSリーダーに登録すると、無料でこのブログの最新記事を受け取ることができます。



Comment » | プライベートブログ

Back to top