CEFRとTOEICのレベルを比較

疑問

CEFRとは?

なるべくお金をかけずに英語を勉強したい学習者にとってNKH英語講座は本当にありがたいコンテンツです。テレビ番組やラジオ放送がありテキストも多く出版されています。あなたも一度は利用されたことがあるのではないでしょうか?

NHK英語講座と言ってもそのレベルはコンテンツによって異なります。そしてどれに取り組むかを決める際に気になることが「このコンテンツはどのくらいのレベル?」ということです。初級レベルなのに取り掛かったものが上級者向けの放送だと、いつまでたっても理解できない辛いだけの時間を過ごすことになります。

そうなれば理解できないことで時間ばかりを消費しているのにもかかわらずステップアップできない、理解できないことでストレスになり勉強の継続すら難しくなってしまいます。

そこでレベルをチェックするのですがNHKが採用しているレベル評価がCEFRなのです。もちろんこれはNHK独自のものではなく国際的な指標です。

CEFRは最も優しいA1から最も難しいC2までの6段階(A1→A2→B1→B2→C1→C2)で語学力を評価する「Common European Framework of Reference for Languages」の略です。日本語で訳すと「ヨーロッパ言語共通参照枠組み」という意味になります。

CEFRは2001年に公開された仕組みで、ヨーロッパの主要国では長期滞在ビザの申請者にこのCEFRで評価される一定の語学レベルを要求するほど広く活用されています。

CEFRの特徴は?

ヨーロッパはEUとして一つの連合なのですが、もともとは多くの国の集まりでしかありませんので使用される言語は各国でバラバラです。このような事情から言語レベルを評価するためにヨーロッパでは言語を越えた基準が必要となってくるのです。

言語を越える基準とは、フランス語、英語、ドイツ語などの異なる言語に共通する基準だということです。

さらにTOEICのような点数ではなく6段階の各レベルにおいて「具体的に何ができるか」で評価されていることが特徴です。コミュニケーションレベルが実際にどの程度のレベルにあるのかを重視しているといえます。

TOEICとの違いは?

そもそもCEFRという試験はありません。「異なるそれぞれの言語に対して知識や経験が包括的に学習者のコミュニケーション能力に貢献する」という考えの下に作られています。

しかしながら教材選びの際に表記されているレベルがCEFR基準だと日本人には今ひとつピンときませんよね。事実、先程言ったようにNHK英語講座はCEFRでの表記になっています。

「B2レベルのあなたにはコレがおすすめです」と言われてもB2レベルがどの程度なのか分からなければ、いったいどの教材を選べばいいのかが分かりません。自分がCEFR基準でどのレベルなのかを知る必要があるのです。

CEFRとTOEICのスコア対応

A1:身近なことについてのやりとりができる
 ⇒ 英検3級
 ⇒ TOEICスコア340点
A2:日常生活や旅行で困らない
 ⇒ 英検準2級
 ⇒ TOEICスコア420点
B1:英語圏で勉強や通常の生活で困らない
 ⇒ 英検2級
 ⇒ TOEICスコア570点
B2:英語を使用する職場で働ける
 ⇒ 英検準1級
 ⇒ TOEICスコア700点
C1:仕事や社会で自信を持って言語を駆使できる
 ⇒ 英検1級
 ⇒ TOEICスコア930点
C2:英語を母国語とする教養ある人に近いレベル
 ⇒ 比較レベルなし

参考になりましたでしょうか?

スポンサーリンク

RSS

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
←クリックしてRSSリーダーに登録すると、無料でこのブログの最新記事を受け取ることができます。



Category: TOEIC | Tags: , Comment »

コメントを残す


ページの先頭へ